鈴鹿中部  御在所岳(1210m)

 


 

目的   :春合宿トレ−ニング(岩場の通過・確保・歩行技術など)

 

日程   :2010年 4月 3日(土)

 

ル−ト  :裏道〜3ルンゼ〜本谷

 

メンバー :4人

 

<記録>

 

4月 3日(土)曇り

6:15    巽ヶ丘発。

7:35    駐車場着。

7:40    駐車場発。スカイラインを降る

7:50    裏道登山口着。じねんじょさんのパ−ティとばったり出会う。

8:07    分岐通過。藤内小屋へと向かう。

8:15〜25  藤内小屋着。休憩。

8:43    ヘルメット・ハ−ネス装備。

10:05〜15 休憩。雪は無いが薄氷が張っている。

10:40〜46 休憩。ガチガチの氷に変わり足元がすべる。

11:10   御在所展望台着。休憩。日差しは無く曇り空で肌寒い。

11:20   御在所展望台発。

12:00〜05 休憩。途中、細かい雪が降り始める。

12:40   山の家横を通過。

12:41   スカイラインに出る。

12:44   駐車場着。

12:55   駐車場発。

16:00   巽ヶ丘着。                      (記録 S

 

 

 

ベルグラとリンドウ

H

 

 明日から登山学校が始まる、という土曜日。御在所岳の三ルンゼを登って、本谷を下った。メンバーはI彰、S茂、カミサン、それに私の四人。カミサンとS茂は三ルンゼは初めてだが、I彰の参加で助かる。天候は曇り。スカイラインの一ノ谷料金所跡に車を止め、道路を下って裏道に入る。天候はまずまず。登山口ではじねんじょ山の会のメンバーに出会った。営業再開を明日4日に控えた藤内小屋でひと休みして、兎の耳を過ぎ、藤内沢の出合でハーネスとヘルメットをつける。テスト岩へ向かう途中からところどころ流れが凍っている。一壁ルンゼも岩の上はベルグラ(薄氷)でツルツルである。左岸の三ルンゼに入り、ザイルを出す。簡単な溝状の登りから右岸を斜上し、マイナス滝の下を通ってガリー状を登る。最近の豪雨によってか、砂礫が洗い流されて幾分登りやすくなった。沢の中に降りて一休みする。藤内小屋、湯の山、四日市方面の眺めがいい。前尾根のヤグラも指呼の間に見える。凍った岩をよけながら、乾いた部分を登っていく。ノコギリの手前は左岸の上部を巻くようにして沢に下り、少し傾斜が緩くなった下草と潅木の中を登りきるとノコギリ岩の下に出る。厳冬期の氷瀑ほどではないが、よく凍っている。反対側のガレと岩を登って遊歩道から朝陽台へ出た。休憩している登山者、家族連れ、さすがに春、いい日和の土曜日。若い人たちの姿も多い。朝陽台から本谷を下る。しばらくはササの中の細い急な下り。ササに隠れて見えないが、右側は真っ直ぐ切れ落ちている。「スミレですか?」とI彰。「リンドウですよ、これ」とカミサン。こんな緊張とは無縁の会話が聞こえる。谷筋に入って、岩をとび、樹間を巻き、何度か左右へ渡り返しながら下ること1時間強、御在所山の家の脇に下ってきた。

 

 

凍っている三ルンゼ!

I

 

H夫婦、S茂君と4人での御在所の三ルンゼを登って本谷を下る計画でした。計画通りは出来たのですが、思いもよらなかったのが、三ルンゼは、凍っているではないですか?いつものようにザイルを張るが、そのままザイルをつるべ状態で何回も延すことになってしまった。

H由さんとの個人山行は久しぶりなのか、初めてなのかと思うほど一緒に行った記憶がありませんでした。初めての三ルンゼ、本谷なのに問題も無く対応出来ていました。但し、ザイルワークはやらないと忘れているものなんですね!

桜も散り始めているのに、山はまだ春になっていないのですね。来週は、御在所の前尾根と中央アルプスの宝剣岳に行ってきます。特に安全には注意をはらおうと思う。

 

 

 

 

反省の山行

             H由

 

数日前に、「あんたが行くのでI彰さんにも行ってもらうことにした。」とそんな所へ落ちこぼれの私が行って大丈夫かしらと心配になっていました。当日、藤内小屋の手前で会ったじねんじょの人たちは前尾根が凍っているので裏道沿いのウサギの耳に変更したとのこと。内心私もそちらへ入れて下さいと言いたいくらいでした…。

 藤内小屋を出てからは、一昨年9月の集中豪雨でゴツゴツとした川原になった所を通り、藤内沢の出合の手前でヘルメットとハーネスを着けました。途中までは、順調で三点確保の歩き方などをI彰さんに教えていただきました。

ところどころ凍っている所があり、そこを避けて登っていたら、リーダーに、「どこを歩いている、こっちだろう!前に登る人がどこを歩いたか見ていなかったのか」

と注意を受ける。「はい、すいません」、とあわてて、右の方へずれたので、左へ戻り、岩を慎重に手と足でよじ登りました。その後、3ヶ所足が届かず、引っ張り上げてもらいました。

 寒くて、少し怖くて、顔は引きつりつつ、初めての景色(鈴鹿とは思えない)、岩にもツララにもびっくりでした。

 下りの本谷も急傾斜で、足元が不安だったので、しっかりと木の幹や枝につかまって下りました。

I彰さんから、「こわがらずに歩きますね」と言われましたが、横で「山猿だもの」と、リーダーが笑っていました。

他の会で亡くなった人もいたとI彰さんに話を聞いた時はぞぉーっとしました。やっぱり、基礎からもう一度学習しないといけないなと思いました。

 

 

緊張の連続で…

 S茂

 

最近の山行は天気に恵まれず大体が合羽をつかう羽目のなる事が多かったので、今回は良いのではないかと期待をしていきました。

今回はかなり自分の中で余裕が無かったです。三ルンゼの壁にはつららになってる!足元が凍ってる!つるつるのピカピカで何回も転びそうに…ちょっとビビリがはいりました。日差しがあまりなく気温も肌寒いくらいでした。

ザイルワ−クでプル−ジックを何回でもやってきているのに出来ない時があり頭の中が真っ白である。冷静にと言い聞かせるが、そういう時ほど焦るものである。もっと早く片手で確実にやれるように反復練習をかかさずやりたいと思いました。

登山学校に行くのにこの先、思いやられそうです。ザイルを置いた時に水溜りに引っ掛かったときに、H孝さんに『ザイルを濡らすな!無造作に置くな!』と注意されました。道具も濡れれば重くなるし汚れもするが、極力気を使って裁く事が大事だと実感しました。

 本谷ル−トは初めてでロ−プウェイの横を通り過ぎて、かなりの急降下に驚きました。岩場が多くて、降りの一歩が大きかった為か、腰が引けて、滑ってしまった。ここでもH孝さんに『立て!尻をつけるな!』とどやされる。自分では、立っているつもりでも、他では腰が引けているようだった。言ってもらえると意識するようになり考えて歩くようになりました。

 登りは氷で緊張し、降りは岩場で緊張しまくりの1日でした。色々と分かった事も有るし、とても有意義な1日でした。ありがとうございました。