6月6日鈴鹿山系清掃登山

みなさん、ご参加ありがとうございました。

 

      <山頂集会の後朝陽台で清掃に出発前の記念写真>

 

 

 6月6日(日)、鈴鹿山系の御在所岳、藤原岳で行われた、愛知県勤労者山岳連盟、三重県勤労者山岳連盟共催の第38回鈴鹿山系清掃登山は、好天にも恵まれ、両山域あわせて約1000名を超える参加者で成功させることができました。

 半田ファミリー山の会からは、62名が参加しました。

8時40分、半田からチャーターしたバスで御在所ロープウエイ駅前の駐車場に到着した参加者は、子ども二パーティー、おとな四パーティーに分かれて、それぞれ中道から山頂を目指しました。太陽が雲に覆われて、ときおり日が差す程度の天候で、暑い日差しに焼かれることもなく、峰を吹き渡る風の涼しさにも助けられて、11時40分頃には、全部のパーティーが御在所岳朝陽台に到着。会員の手による抹茶とお菓子のサービスを受けながら昼食休憩をとり、山頂集会に参加した後、ゴミを拾いながら裏道を下山。午後3時半頃には全員無事にロープウエー駐車場に下山してきました。まだアカヤシオが残っていたり、足元にはイワカガミがところどころ。藤内沢の出合付近には満開のシャクナゲもありました(コースの長さに、足元ばかり見ていて気付かなかったひとも多かったかも)。半田ファミリー山の会の拾ったゴミの量は、不燃物6kg、可燃物2kgの合計8kg。山のゴミそのものは減っていますが、山麓の道路周辺の不法投棄によるゴミ(中には冷蔵庫を拾ってきてくれた他の会の仲間もいました)が増えています。今年で第38回を迎えた県連の清掃登山ですが、この積み重ねが山の自然保護、さらには環境保護の取り組みへと広がっていきます。お疲れさまでした。

半田ファミリー山の会の呼びかけに応えて参加してくださったみなさん、どうもありがとうございました。