富士山(3776m)


 

期 日:2013・11・30(土)〜12・1(日)

目 的:雪トレ

ルート:スバルライン5合目〜佐藤小屋(泊り)〜(吉田ルート)
    〜富士山頂(ピストン)

メンバー:新海時生、志貴I(会員外3名―内ガイド1名)
記録)

11月30日(土)

6:00 半田発

6:30 刈谷SA 着 (早すぎ)

7:00 増井さん(ガイド)夫妻と合流

10:30〜50 新東名 沼津SA、豊田の東名入口で事故渋滞。
         1時間かかる。沼津で食事兼ねて休憩

11:55 富士吉田スバルライン入口、予定では「馬返し」から歩いて登る事に
      なっていたが、天気よくスバルラインが5合目まで全線開通している
      ということで、ルート変更。 

12:40 5合目P 着、車も人もいっぱい(観光客)。 
      
快晴。山頂も白く輝いている。

12:55 5合目P 発

13:20 佐藤小屋 着、5合目 標高2230m。 冬富士でただ一軒の営業小
      屋です。ここまでは積雪少し。凍っている所の通過に気を遣う。小屋
      は割と賑わっている(宿泊は30人くらいか?)。4代目という気さ
      くなご夫婦(50歳代)と息子さんがやっている。雪上訓練に出かけ
      るパーティも多いが僕らは小屋のストーブ周りで ゆっくりと過ごす。
      夕食は6時から、豚の鍋物。美味。夜はとても冷えてくるが、たくさ
      んの蒲団と湯たんぽで温かく眠る。

 

12月1日(日)
3:35 起床
4:00 朝食 (鍋うどん)早朝でも用意してくれる。
4:25 小屋 1番に出発、満天の星、真上に北斗七星
5:30 休憩、小屋脇の階段から樹林帯を登っていく。積雪10cm前後。樹林
     帯抜けるとジグザグの林道をたどる。晴れてはいるが風が結構強く寒い。

6:10 休憩、小屋はいくつも連続してある。 麓(河口湖〜山中湖周辺)の街
     の明かりがイルミネーションのようにきれい。7合目あたりか?

6:40 休憩、ここよりロープ結ぶ(全員コンテ)。また1つ新しい(歩きやす
     い)コンテの方法を覚えた。(収穫!)

7:15 休憩、積雪は多くないが堅く、カチカチ(凍ってはいない)。アイゼン
     はよくきくが、ピッケルは刺さらない(力入れても2〜3cm)。急登
     続く。風も相変わらず強く、厳しい。前後して登っていた2人組は降り
     ていった。

8:50 休憩、1人バテ気味で(石黒さんではありません)ペースあがらず。風
     は少しおさまってきたが寒い。

9:50 休憩、9合目、下の鳥居1つくぐる。もうちょい。風はだいぶんおさま
      り、暖かくなってきた。頂上の鳥居も見えている。

10:40 富士山頂(吉田口) 着、無人。風少々。快晴。万歳!!前半は風、後
      半は1人バテて どうなるかと思ったが登頂できてよかった。
      とてもうれしい。

10:55 山頂 発

11:25 休憩  本8合目、下りは快調。雪は堅いがアイゼンはよくきき、あま
      り不安はない。ただ「一度滑落したら止まらないだろうなぁ」という斜
      面が続く。(1人だったら相当に緊張した下りになる)

12:15 休憩 (6.5合目あたり)、途中、登り数パーティとすれ違う。
13:00 休  ロープ外す

13:30 佐藤小屋 着、最後 樹林帯に入ってからが長く、皆グッタリ。
      荷物かたづけ、小屋に入って休む。下り途中も現在もヘリが盛んに飛ん
      でいるが、滑落事故があったらしいと小屋の主人が心配している。

14:05 小屋 発

14:35 スバルライン五合目P 着、観光客多いが、風冷たく冷えてきた。
      富士山頂上付近は雲が結構速く流れている。また風が出ているようだ。

14:50 五合目P 発

23:00 刈谷SA 着、東名(蒲郡〜豊田)が事故で大渋滞。
      三時間半もかかりグッタリ。増井さんらと別れる。

23:45 半田 着   <記録・新海>

 

3000mを越える山は厳しい    志貴I

 ガイドの増井さんにお願いして、新海さんと富士山に行ってきました。1日目は富士スバルラインで5合目まで行き、30分ほど歩いて佐藤小屋にて宿泊。この小屋は予約があると冬でも開けてくださる。小屋は山に登る人、雪上訓練をする人達で結構賑わっていました。

2日目は3:30起床で4:00朝食、4:30出発。最初からアイゼンが無いと厳しい。ストックの先を置いただけだと先がツルンといくのでヒヤッとする。6合目あたりまでは樹林帯を行くので良いが、それを越えると風が頬を刺すので痛いくらいだ。6合目半ほどでご来光を迎え、山中湖、河口湖がきれいに見えるが風が強く、気温も上がらず寒い。でも登るにしたがって風もだんだんに治まっていき、気温も上がってきたので良かった。でも標高を上げるに従って体の方は重くなってきた。もう目の前の鳥居までと思いながら頑張って山頂へ。10時37分に到着。ヤッタ-

やっぱり富士山は大きく高いよな・・結構きつかったが下山は滑らないように慎重に下りました。佐藤小屋へ一時半頃に着きました。3000mの雪山は厳しいです。

 


   富士山、滑落事故        新海 時生

 今年、世界遺産になった富士山。どこから眺めても姿が見えただけでうれしい富士山。「一度も登らないバカ、二度登るバカ」とか言われる富士山。夏場のあの行列を思うと腰が引けますが、誰でも一度はあの頂に立ってみたいと思うでしょう。

 その厳しさで北アに引けをとらない「冬富士」はいくら憧れてもボクにはちょっと手が届きそうにありません。その雰囲気だけでも味わおうと、初冬の富士山を体験しに行ってきました。行きの新東名から眺める富士山はちょうど上半分ほどが白く輝いていました。絵に描いたようです。あの頂を目指すと思うだけでワクワク感いっぱいです。好天にめぐまれ、スカイラインが開通しており、五合目まで車で上がることができました(予定では馬返しから登ることになっていました)。一日目はすんなり小屋まで30分。今週結構積雪があったということで、5合目から上はずっと雪。量はたいしたことないのですが、富士山の雪は量じゃないのです。先週の空木岳はフカフカの新雪を楽しめましたが、ここの雪はカッチカチです。6合目から上はピッケルも刺さらない。凍ってはいないのですが、気温のせいか、風のせいなのかカチカチなのです。まだアイゼンはよくきくのでそう不安は無いのですが、傾斜が増してくると「ここで滑ったら止まらないだろうなぁ・・」ということになります。必然的にロープを結び合うことになるのですが、繋がっていれば大丈夫というわけでもありません。

登頂後、下へ降りてからニュースなどで知ったのですが、同日(ほぼ同時刻、別ルート)4人パーティがまとめてカツラク。2人死亡ということになりました。カツラクに至る事情はよくわかりませんが、たとえ天候が良くても(当日、上の方は雪の状態、風などそう悪い状況ではなかった)起こりうる事故なのだと改めて認識しました。コンテの難しさ、危険度、重要性・・・心したいと思います。

 秋から初冬の富士山はずっと行ってみたいと思っていたところですから、登頂出来てとてもうれしかったのですが、このニュースを見聞きする度に喜びがどんどん削られて、つらくなっていきます。同じ労山系の山岳会ということでしたが、亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。