瑞浪市 屏風岩クライミング

 

<日程> 12月23日(月・祝日)
<山行目的> 岩登りの技術向上

<メンバー> L:齊藤伸一  他2名

 


<イブの前でクラックの細さを確かめるS>

 


<エースをねらえ>

 


<エースを登る齊藤さん>

 

弱音                    聖S

 3連休、2日間の合宿のトレーニングを終えて、最終日は瑞浪で岩と戯れる。 前回、登りきる事が出来なかった、“原住民”制覇を目指して行きましたが・・・・・

 今回は、最初に、“原住民”からスタート。でも、あまりの岩の冷たさに、指の感覚が無くなり、他の2人は頑張っていましたが、私は早々に敗退。駐車場に着いた時に、車が少ないと思っていましたが、朝早いと、まだ、岩が冷たくて、登れないんだなと。現地で出会った、半田のジムのメンバーも、“時間が早すぎたな”と嘆いていました。ここで、少し合流させてもらい、“アストロドーム左”のレイバック課題。“イブ”の狭いクラック。“エースを狙え”を一緒に挑戦させてもらいました。“原住民”で心が折れてしまった私は、“アストロドーム”を半分で断念。続いての“イブ”は5.10と5.11の境目のレストポイントまで何とか頑張って登るも、そこで力尽きました。そして、“アストロドーム”と“イブ”を組み合わせたような“エースを狙え”では、核心部に行く前のクラックでどうしたら良いのか全く分からなくなり、敗退。ジムのメンバーに手ほどきを受けますが、中々思うように登れない。登っている回数や技術の差は歴然ですが、一番の違いは何だろうと思ったら、どうやら“スメア”が使えてないことが大きいと判明。ジムで楽しんでいたツケがこんな所で・・・・と嘆いていたら、「スメアの練習をしよう!!」と言っていただき、お言葉に甘えて、名も無いスラブの岩で練習。その後、ジムのメンバーと別れて、もう一度“原住民”そして、最後に“ロンパールーム”を楽しんだら、こんな時間。楽しいと、時間が経つのも早いものです。これで、今年の岩登りも登りおさめ。来年も岩を楽しみたいな。そしてその為に必要な色々な技術も身に付けたいな。と改めて思いました。

 

<記録>

7:00 半田図書館横知多信発

9:00 屏風岩P着、終日クライミング

16:30 半田図書館横知多信着