北ア 鑓ヶ岳(槍平・丸山にて撤退)

            

期日:2014・1・2(木)〜1・5(土)

目的: 冬の槍に挑戦

コース: (予定)新保高温泉〜槍平〜大ばみ岳西尾根〜槍ヶ岳(ピストン)

メンバー: L 岩田宗則(じねんじょ山の会)他 良I、新海時生

 

記録:

1月2日(木)
 4:00 半田 発
 8:00 新穂高温泉P 着、白鳥あたりから降雪。高山あたりも相当な雪。新穂
      は大雪。
 8:40 P発
10:10 穂高平小屋 休、林道の積雪は去年よりはるかに多く、歩くのも大変。
      時間かかる。
11:30 白出沢出合 休、小雪舞い、雪深し。帰りは昨年同様撤退組ばかり。
      ビーコン着ける。
13:00 休憩、チビ沢越えた所。雪崩跡(直近)有
13:40 滝谷 (通過)
14:05 雪深く、ワカン着ける
15:10 槍平 着、後ろの別パーティと一緒にラッセルを交代しながら進む。バ
      テバテでやっと到着。空は晴れ間も出てきた。小屋の屋根には1m程も
      雪が積もっている。冬期小屋には先に10人ほども入ったので小屋近く
      にテント設営。借り物の3人テンは広い。近くに水場ありとても助かる
      夕食はステーキとカレーライス他夜の作戦会議にて翌日の天気はよさそ
      うだが、この積雪では西尾根は雪崩が怖い。中崎尾根は長く、ラッセル
      が大変だろう。槍は無理そうだから丸山往復(中崎尾根偵察)にとどめ
      よう、ということになる。しょうがないと半ば納得。7時ころ 就寝

 

1月3日(金)
 5:30 起床、ラーメン食べ、ゆっくり用意小屋の団体は4時ころ出て行った
 7:30 テン場 発、晴れ、無風、暖かい。
 8:30 休憩、小屋裏から登り始めるが、いきなり急登。延々と続く。空身に近
      いが結構キツイ。槍の頭が見え出す。
 9:20 丸山のすぐ下、中崎尾根の分岐)雲1つ無い青空。眼下に飛騨沢から西
      尾根へのトレースが一望だが人影は見えない。中崎尾根もトレースは割
      としっかりしているが人影なし。両ルート見渡し、登頂のイメージだけ
      ふくらます。槍の穂先だけは黒く、輝くように天を突いている。雪洞作
      ったりしてしばらく遊ぶ。(本当は槍まで走っていきたい気持ち)
11:15 発
12:00 槍平テント着、外も暖かいがテントに入って昼食。夕刻まで色々と飲ん
      で食べて宴会気分。早朝発のパーティは飛騨山岳会とその他だったが、
      西尾根から登頂し4時頃帰ってきた。(何かとても悔しい)そのまま夕
      食のシチューに突入、たぶん7〜8時頃就寝。

 

1月4日(土)
 6:00 起床、夜半から雪。積雪はわずか。
      朝食は今日もラーメンです(good)
 7:45 槍平発、雪。割と暖かい。
 8:20 休、アイゼン装着
 8:35 滝谷(通過)
 9:30 休、白出沢出合小雪降り続く。チビ沢、ブドウ沢のトラバースは怖
      く、念仏唱えながら渡る。 
10:30 穂高平(通過)
10:55 休憩、結構きつい
11:25 新穂高温泉P着、残念な気持ちと悔しさを抑え、またの雪辱を約して
      握手。お疲れ様でした。
11:45 P発、平湯にて入浴。高山で食事をし、6時半頃半田着(記録・新海)

 

またも届かず              良I

再チャレンジです。でも今年も槍に届きませんでした。今年は昨年よりも雪が多く、スピードが上がらない。そのうえ、擦れ違う方々に「白出で2泊して戻ってきた」「新雪が70p〜1m、雪崩が起きやすい状態だ」などと言われ、白出出合に辿り着く前にどんどん登れる気がしなくなってきた。体も比例して重くなり、滝谷に着いた頃にはここで泊まりたいと思ったほどだった。

昨年、引き返した辺りから、ワカンが必要になり、ようやく体調も持ち直し、槍平小屋を目指してひたすら歩き続ける。テントを設営し、水を汲み終ったら既に真っ暗。

明日は晴れることは分かっている。でも明後日は天候悪化予報。中崎尾根から行くと、明後日の行動が危険。距離が短い大喰岳西尾根ルートは雪崩が怖い。いつになったら山頂に辿り着けるんだろう。翌日は雲ひとつない晴天、無風。中崎尾根を目指して出発する。大変な急登が続き、尾根に出ると、最高の眺め。ぐるりグルグル、何度も何度も周りを見渡し、目に焼き付けた。そして雪洞を作って遊んで、テント場に戻った。大喰岳のルートのイメージはバッチリ!?来年に期待しよう。


決断と後悔             新海時生

昨年は槍平までも入れず、滝谷の避難小屋で一晩過ごして帰ってきました。入口で一蹴された形です。頑張ろうにも可能性の尻尾も見つけられませんでした。

今年は槍平までは何とかたどり着く事が出来ました。翌日の天気は最高でした。快晴、無風。「こんな日にアタックしないでいつするの!・・・」しかし僕たちは丸山までの雪山ハイキングと雪洞作りなどのお遊びで帰ってきました。

伏線はこうです。1日目、新穂高温泉から槍平までのアプローチで苦労しました。「年末年始で1mくらいは降った」という積雪の中、雪崩に怯え、途中からはラッセルとなり他のパーティと協力しながら何とか槍平までたどり着いた感じです。当日下ってくる人たちも年末から入って結局撤退、という人ばかりです。(最後に1組登頂組がいましたが)単独で下ってきた警備隊(のような)人からは「雪崩確率70%はありますから勇気ある撤退を!」と強く勧められたりもしました。そんなこんなで気持ちがだんだん後ろ向きになっていたかもしれません。

翌日の天候は予報では良さそうだったのですが、槍平のテントで話し合った結果、予定していた大ばみ岳西尾根ルートは雪崩が怖いから使えない、A中崎尾根ルートは長い上、この積雪では大変(1日でピストンはもちろん無理)、B中崎尾根からテント担いで槍まで登っても、翌日の天気が心配(予報はあまりよくない)、Cよって槍はあきらめ、明日は丸山から中崎尾根の偵察にとどめるという結論となりました。

翌日は本当に悔しいくらい上天気の中を丸山までピストンで遊んできたのですが、冬期小屋に泊まっていた飛騨山岳会のパーティは朝4時ころに小屋を出て槍の登頂を果たし、4時ころ無事帰ってきました。僕らの出した結論は間違っていたのでしょうか?少なくとも帰ってくるまでは内心とても後悔していました。「あのパーティの後ろを付いていけば僕らも登頂できたかもしれない」そう考えていた自分が今ちょっと情けない。西尾根を雪崩のリスクから排除した事は間違いとは思えませんし、もし自力で西尾根に向かったとしても1日で登頂出来たかどうかは疑問です。少なくとも、いくら大変でもラッセル覚悟で中崎尾根をテント担いで登る。途中で引き返すことになったとしても、自力でそれをする覚悟と力がなかったという事が今は悔やまれます。

去年このメンバーで北鎌尾根をしに行った時も不安定な天候の中で進退にとても迷ったことがありました。リスクを負った決断はなかなか下せません。しかしリスクをすべて排除して山へ行く事は不可能です。勇気をもって決断できる力をつけたいと思います。もし間違っていても後で後悔することはしたくない。その覚悟を持ってまた来年挑戦します。(次の連休でやり直す話もあったのですが、やはり天候そろわなく、取りやめとなりました)何年かかっても必ずやります。自力で登る。絶対に登ろうと誓っています。

この槍のために去年の秋から結構頑張ってトレーニングにも励んできましたが、歳のせいにだけはしたくないのでまた一年頑張ります。岩田さん、大変お世話になりました。また来年よろしくお付き合いの程お願いします。