八ヶ岳 東天狗岳(2646m)・西天狗岳(2645m)


 

山行目的 雪山の景色を楽しむ

ルート  渋御殿湯〜黒百合平〜東天狗岳〜西天狗岳〜天狗の奥庭経由〜黒百合平〜渋御殿湯P

山行期間 2014、3月17日(日)晴れ

メンバー L  : 志 I

SL : 良 I

     会計 : 由 K

     車運転: 優 S

     記録 : 厚 N

 

(記録)

4:00 阿久比町役場 発

諏訪湖SA 休憩

諏訪IC 下りる

7:30 渋御殿湯 P

(雪あり固くしまった雪で歩きやすい)

8:20 蓼科、天狗岳分岐 休憩

(衣服調整)

9:20 黒百合ヒュッテ 着 

(アイゼン装着 防寒着を着る)

10:30 東天狗着

(山頂直下、かなりの急登、山頂は風が強い)

11:00  西天狗岳着

(日差し強く暖かい、360度の大パノラマ、おはぎをいただく)

11:25  下山開始

12:08  黒百合ヒュッテ着、

      (アイゼン外す)

12:55  八方台、唐沢鉱泉分岐 休憩

13:30  渋御殿湯P 着

17:30  阿久比着

 

八ヶ岳は歩くとこいっぱい

        志 I

 昨年の暮れから毎月八ヶ岳へ足を運んでいるが飽きることが無い。特に冬場は雪の状態、氷の状態で同じ所でも変化が激しいから楽しいよ。今日は2日前に展望を楽しんだ天狗岳を登りました。今日はトルースばっちし雪質良、適度にしまっていてずぼっといくことなしでとっても歩きやすい。又山頂部の岩場も雪に埋まりアイゼンがりがりもなくこんなこともあるんだと思えてしまうほどで何となく物足りない感じがしないでも無し

若人たちについて行くのが大変でしたが皆さんルンルンだったのかな?

東天狗は風が強く休む場所を探すほどでしたが西天狗への登山道、山頂ともに無風で

春本番でした。楽しい山行くんでくださり有り難うございました。

 

晴れた!

良 I

日帰りでどこまで行けるかなあ、雪の状態次第だなあと、思っていましたが、極上の歩きやすさ、そして晴れました!

風も穏やかな方で完璧です!!東天狗も西天狗も行けました。山頂では、八ヶ岳「お初組」がおおはしゃぎ!綺麗でしたね〜。私は大好きな石黒さんお手製のおはぎを頂いておおはしゃぎ?みんな、幸せ♪良かったです。

下りもスルスル歩けて、夏道よりうんと楽チン。楽しい1日でした。

 

西天狗まで行けた!

優 S

 登山口から雪はありましたが、黒百合ヒュッテまではアイゼンなしで歩きました。

そこから東天狗へアタックしますが、岩は完全に雪で覆われているので、急ですが足の置き場には困ることなく、時間も大幅に短縮できました。

青空の下、アルプスを眺望できる絶好の天気でしたが、陵線上は風が冷たく厳しさを感じながらなんとか到着。耐えきれず防寒対策をして休憩もそこそこに、西天狗へ向かいました。するとすぐに、風もなくなりポカポカ陽気に変わったのです。防寒対策のタイミングが悪く、ガックリ。でも、西天狗への登りを一歩一歩踏み出す時の高揚感は、今でも心に強く残っています。

「大自然の中での自分の存在」を感じる瞬間でもありました。

下りは、足にうまく重心をのせて滑るように歩き、毎度のことながらあっという間でした。

 

白銀の天狗岳

              由 K

今年から雪山登山を始めたばかりの私が今日は八ヶ岳の天狗岳に登山する。2646mの山頂を目指すのかと思うと緊張気味だ。天気はまっ晴れ!! 暖かく、山行日和!!行くぞー!!登山口からわりと傾斜のある樹林帯の中を登っていく。高度がある分、息苦しい。

30分ほど登っていくと、傾斜がゆるみ八方台分岐に出て、ここで休憩をとる。汗がポタリポタリと落ち、暑い。体温調節の為、服を一枚減らした。ここから原生林を抜けると黒百合平に到着。山頂がチラリと見える。アイゼンをつけ出発。先頭を歩かせていただくことになった。ドキドキ!!足は少し重いけどアイゼンのおかげでスベル事がなくなり安心して歩ける。増々、登りがきつくなって、森林限界を超えると強風が吹き急に寒くなる。徐々に展望が開け美しい山々の姿が見えてきた。すばらしい景色だ!!いよいよここからが本番。天狗岳の一峰、東天狗の直登にかかる。私にとってこんな急登は初めてだ。一歩、一歩アイゼンの刃を斜面に突き立てるようにして踏んばりながら登る。体力の消耗が激しい。鋭角なピークが目の前に見えてくる。ガンバレ、ガンバレ もう少し・・・自分に言いきかせながら登る。ついに山頂に到着。

バンザーイ!!

360度のパノラマが広がり、前方間近にはまっ白く丸みを帯びた西天狗岳がせまる。スケールの大きさに圧倒される。しかし山頂は強風が吹いてとても寒いなぁ・・・。次は西天狗岳を目指す。吊尾根を少し下りると全く風がなく暑くなる。初めてのピッケルを使い、西天狗岳の斜面を登った。山頂はけっこう広い。少し下に降りて休憩。まっ白な雪の上で、すばらしい山々の姿を見ながらのティータイム!!しかも石黒さんお手製のおはぎをいただいた。

おいし―――い!!最高!!幸せ!!

疲れもいっきに吹き飛んだ。

すばらしい山行でした。ありがとうございました。

 

暑かった山頂、西天狗

              厚 N

わたしのような雪山初心者に行けるのかとおもった天狗岳。不安もありましたが運が良かったのかお天気が良かった!渋御殿湯からたっぷりと雪の上。固くしまった雪で歩きやすい。樹林帯の日陰の中も日が射して目がシカシカとしてきた。早めにサングラスをつけておきべきだったと反省。先頭を交代しながら歩かせていただくがどんなペースでいいかまだよくわからず(早いのかな?ゆっくりなのかな?)と自分自身で問いながら歩いた。先頭を歩くことの難しさを思った。いつものようにひ〜ひ〜言いながら歩くと目の前に黒百合ヒュッテが現れた。なぜだろう?小屋が見えるとホッとするし 身体の力が抜けて元気が増してくる。アイゼンを着け、上に防寒着を着、東天狗を目指した。かなり急登に足があがらず前と間が開いてしまう。体力の無さで情けなくなる。下が切れ落ちた個所もあり慎重に落ちないように気を付けて歩いているうちに東天狗に着いた。耳が冷たい。前方にお椀を逆さまにしたような西天狗がみえる。また時間がたっぷりある。行きたい!急登をまた ゆっくりと歩を進めながら歩くと山頂に着いた。目の前にでっかい南八ヶ岳の大展望が迫ってかっこよかった。

2000mを超えたところなのに東とは違う、日差しが強くてあったかい。真っ青な空と真っ白な雪の上。写真を撮り合いながら楽しんだ。おはぎをいただきお腹を満たしたところで、下山は元気に下りられた。

お天気に恵まれた山行、ありがとうございました。