鈴鹿/前尾根

 

          

 

<山行期間> 2014年5月3〜4日

<山行目的>クライミング技術の向上

<ルート> 裏道→前尾根→裏道

<メンバー> L:孝K・三郎O 他 3名

<記録>

5月3日(晴れ)

5:00半田市 青山町出発

6:10 鳥居道駐車場着

6:30  裏道登山口

7:30 P7取り付き点、終日P7〜P3にてトレ

16:00 鳥居道Pにてテン泊

5月4日(晴れ)

5:00 起床

6:00 裏道登山口

6:30 P7取り付き点、終日P7〜P6にてトレ

16;00 下山

 

リード練習                 三郎O

今回は“じねんじょ“のコーチに、お願いして前尾根でリード練習をすることになりました。初日はコーチ曰く、「なんちゃってリード」それは先にコーチが上がり私も確保された状態で二人をリードするやり方 前に2本後ろに2本のロープを繋いで終日過ごしました。

二日目には、いよいよ通常のリードをやることに!

 P7の取り付きには沸いて出た様な人の数 ギャラリーの多さにちょっと緊張する感じでしたが、落ち着いて確実にホールドを捉えてクリアー。

P7P6を終えると再びP7へ戻りさんとリード交代

 (あぁ、セカンドって・・・楽。)

集合時間まで、まだ時間が余ったのでコーチお勧めのP7「蛇の皮」に初挑戦。

これは面白い!がんばってクリアーする感じが最高でした。

P7と言うこともあり普段はなかなか出来ない場所だけに貴重な経験でした。

 

勉強                       孝K

 岩登りの確保技術を学ぶために前尾根にリードクライミングのトップの練習に行ってきました。リードクライミングのトップの場合はセカンドを確保するのはもちろんですが、自分自身の安全も確保しなければいけません。岩登りの技術だけでなく、ランニングビレイの取り方、ヌンチャクの掛け方、ザイルがスムーズに流れることも重要です。自分が落下した場合、セカンドが落ちた時に備えていかにリスクを減らすかが課題です。ここに書いただけでも考えることが多すぎて頭がパンクしそうです。安全に山登りをするためには毎日勉強です。