丹沢   蛭が岳〜丹沢山


 

日  時:   2014年5月3日〜4日

目  的:   富士を眺め歩く         

ルート :  西野々〜丹沢山〜宮が瀬湖      

メンバー:  L 良O 他 4名

 


(記録)

5月3日

04:00  東海市出発 第2東名はゴール      デンウィークラッシュ。

10:45  相模原市西野々バス停 予定よ      りだいぶ遅れて出発進行。登山口に蛭除けスプレーが置いてあるので、しっかり振りかける。塩水、タイガーバームも塗る。

11:30  第1ベンチ520m 東海自然歩道なので良く整備されている。

12:50  焼山 1059.8m 下山者とたま      に会うが静かな山歩き。

13:10  柏原分岐通過

13:30  平丸分岐

13:55  黍殻山1272.8m 晴れ渡り新緑美しい。

14:15  1241m 休憩富士山を見ながら      歩く。

14:35  八丁坂の頭

15:00  姫次ここまではルンルン気分でしたが、今からのひと登り頑張ろう。

15:30  地蔵平ズート続く木道の階段 を登る。

16:30  蛭ヶ岳 1672.7m今夜の小屋は      満員御礼。

 5月4日

05:00  起床 大きい富士山が目の前。

05:45  出発 昨日とうって変わりたく      さんの人とすれ違う。

06:20  鬼ヶ岩

06:35  鬼ヶ岩の頭

06:40  棚沢ノ頭

07:00  不動の峰 薬師如来像がある。

07:30  円沢山20分休憩 円沢小屋で       ーヒー タイム 5人で1杯は美       味しい。大倉方面のコースと別れ       宮が瀬方面へ下る。

08:20  瀬戸沢の頭 初めてヒルと出会      う・・笑い消える・・・

08:50  大礼ノ頭

09:15  円山木ノ頭1,360m

09:45  無名ノ頭

09:55  本間ノ頭 丹沢三峰を下る。

10:50  松小屋ノ頭

11:00  金冷やし

12:10  畑山

12:30  御殿森ノ頭

13:35  宮ノ瀬湖下山 全員ヒル被害な      し。タクシーにて西野々に戻り       帰路に着く。お疲れ様。<記録: 敏K・晴B> 

 

新緑に感激                 きよI

 丹沢山系は初めてであり憧れの山だった。

丹沢って、名前の響きだけでもワクワクする。

お天気はど〜かなあ。自称(チーム、ひまわり)予報は雨でもなぜか無事。西野の登山口から2時間ほど登ると景色も良く、登山道は(自然歩道)と標識があるだけに、きちんと整備されているし、綺麗で足に優しく歩きやすい。初夏の日差しを浴びた素晴らしい新緑の中での登山は身も心も軽くなって、手を広げたら風に乗って空を舞ってしまいそうな気分になる。山頂に建っている蛭ヶ岳山荘は見晴も良く最高。ただし、やはり相当な混雑。期待は出来ないと耳にしていた食事もレトルト、明治の銀座カレーだったけど、とっても美味しく満足。丹沢山でコーヒーを飲みながら見渡した景色、雪を冠った富士山の姿は感動もの。下りは結構な距離だったが、野鳥に詳しい方がご一緒だったので可愛い鳥を探しながら楽しく歩け、大満足の山だった。

 

有難かった階段              敏K

 富士山を眺めながら登れる山ということで丹沢の西野々〜三又路まで縦走した。やさしいマメ桜に始まり白・桃・薄紫のイチゲ、桜草と充分楽しませてくれた。もちろん蛭ケ岳山頂・丹沢山山頂からは文句なしの富士山を目の前にする。また、登山道は良く整備されていて登山者にとって心やさしい登りやすいうれしい階段だった。また、雲取山を思い出すほど雰囲気が似ている所が多かった。

蛭ケ岳山荘は120名宿泊、敷きブトン1枚に2人で宿泊という混み様であった。翌日もわんさかと登って来ると小屋のご主人が言ってみえた。

 5月の連休は関東方面で渋滞がつきものだということを知った。運よく私たちは行きに少し引っかかった程度ですんだ。

 会に入会した頃、富士山を眺めながら回りの山をあれこれと登ってみたいと思っていたがこれからボチリボチリと登りたい。

 

富士山を眺めながら            晴B

 「富士山を見ながら歩きたいね」というきっかけから、スタートしました。ゴールデンウィーク&都心に近いという事から渋滞が予想されるので、できるだけ、静かで歩きやすいコースを探しました。出発の西野々から東海自然歩道の整備された道をしばらく歩くと、富士山、新緑、野鳥のさえずり、新しく付け替えられた木道は歩きやすく助かりました。蛭ヶ小屋は混んでいましたが、楽しく、丹沢山頂小屋の珈琲も美味しく頂きました。久しぶりのロングコース、充実した2日間でした。花の名前に詳しい人、野鳥に詳しい人、半田Fの方々は、凄過ぎです。ありがとうございました。

 

裏丹沢は                   良子

 交通の便利な表、ヤビツ峠、大倉尾根からは何度も入った事があったが、蛭ヶ岳から北側には初めて登った。

 登山口には蛭除けスプレーが置いてある。

やだな〜相当いるのかな、塩水、蛭除けスプレーを念入りに掛けてジメジメしている所はサッサと歩く。期待をしていなかったが花が多い。ヒトリシズカ、コイワザクラ、ミツバコンロンソウ、ツルシロカネソウ、キクザキイチゲ、ウワミズザクラ、スミレが色々、歩き出しの時間が渋滞の為遅くなったからか、たまに会うぐらいで静かな、道はしっかりした良い雰囲気の中を歩いた。たまにすれ違う人はあっという間に去って行くランナーだったが、お互い挨拶をして除ける気持の良い人たちだった。でも何時に登山口に着くのだろうと思うぐらいの時間に歩いている女性の1人ランナーもいた。

富士山は小屋のベンチから大きく真正面に見え、いつまでも眺めていたかった。改めて丹沢の良さを実感したコースでした。

天気が良く乾いていたからか、蛭は1匹見ただけ、勿論誰も被害が無くすれ違う人も蛭はいなかったという、ラッキーな時期でした。


********************************************************************************

・ 蛭 ヒルとは

晴天時には地上の落ち葉の下などに潜伏してじっとしているが、大型動物が接近すると表に出て、あるいは草に登って身体を長く伸ばして直立し、その先端をあちこち振り回すように動かす。動物の接近は二酸化炭素や振動、熱などによって感知するものとされる。動物に触れるとすぐにとりつき、前後の吸盤でシャクトリ虫のように移動し、皮膚の柔らかい所に取り付いて吸血を始める。キャラバンシューズに取り付いたものが靴下に潜り込むまで30秒という測定もある。ビニールのカッパは張り付きやすいため足元から首まではいあがるのに1分程度との事。吸血の際は、まず先端側の吸盤にある口の中の顎によって皮膚を食い破り、血液凝固を阻害するヒルジンという成分を注入する。約1時間で満腹になるまで吸血する。往々に吸血後に脱皮、産卵する。成体は年1回の吸血で足りるが2年の絶食に耐える。飼育下での最長寿命は5年だった。     Wikipedia より