北アルプス       双六岳   2860.3m


 

山行期間>2014/8/2(土)3(日)

 

<天 候> 8/2 晴れ時々曇り・雨

      8/3 曇り時々雨

 

  稜線歩きを楽しむ

 

<ルート> 新穂高温泉P~双六岳 ピストン(計画時は三俣蓮華岳まで)

 

<参加者> L=裕子S SL=由美子H 大須賀良子 会計=伸子S 記録=ひろみ

 

<記録>

 8/2(土)

 3:00 半田アイプラザ 出発

 3:11 半田インター

 4:40 ひるがのSA

 6:40 新穂高温泉P到着

7:00 出発 わさび平まで林道歩き

8:10 わさび平小屋 休憩 岩場が増える

9:30 秩父沢 休憩

10:15 イタドリヶ原 休憩

10:55 シシウドヶ原 休憩 (各休憩は5〜10分)

11:30 熊の踊り場付近 足の不調(つり)により休止

12:03 出発

12:50 鏡平山荘 到着 宿泊 鏡平山荘まで別パーティと行動

(岩田良子さん、菅沼優子さん)

8/3(日)

4:35  鏡平山荘 出発

4:50 衣服調整

5:30 弓折 着 朝食

7:00 双六小屋 到着 

7:20 双六小屋 出発

8:10 双六岳山頂 到着 

9:15 双六小屋 到着 水補給 

10:10 花見平 休憩 

11:10 鏡平山荘 雨具装着

11:55 シシウドヶ原 休憩

12:52 秩父沢 休憩

14:05 わさび平小屋 休憩

15:14 新穂高温泉P到着(各休憩は5〜10分)

 

頑張りました

良子

  久しぶりの泊まり山行、行くとは言ったものの歩いていないので全然自信がなく出来るだけ荷物を減らし、トレーニング不足はせめて階段を登るようにしました。当日は長丁場なのでゆっくり歩いていただいたので助かりました。鏡平小屋までの時間位で1Lの水を飲んでしまった。小屋でのビールはホッとしたのもあるので美味しかったです。

夜はなかなか眠れず小屋の外から見た星空は素晴らしく天の川も見れ槍ヶ岳の肩の小屋の明りも見えました。久しぶりの高山植物、見れて嬉しい、何の花でも皆嬉しい、双六岳に着いた時は自分の持っている地図が古かったので山頂への時間が大幅に短くなっていたのは嬉しいが反省。みんなで励ましあいながら登った山でした。最後に駐車場に着いたら即温泉、良かったですね。

 

リベンジしたが‥

             由美子

 ヶ月ぶりの山行でしたので、心配はしていましたが、シシウドヶ原を過ぎた辺りから体調不良で右足が攣り、歩けなくなり、皆さんに迷惑を掛けてしまった。ツムラの68番芍薬甘草湯を飲んでも、すぐに又攣り困っていたら、通りかかった80歳だと言うおじさんがツボを押してマッサージをしてくださった。とても痛くて辛くて、隣にいた良子さんに支えてもらっていた。効いたような気がした。お礼をいい、歩き始めたが、まだ回復はしていない。先を急ぐ良子さんたちのことも気になる。だましながら歩くが、痛くて前に進めない。熊の踊り場横の広い石の上で、靴を脱ぎ皆さんにマッサージをして頂く。なんだか恥ずかしい女王さま状態だ。以前、足が攣った時は治るまで30分位かかった事をリーダーの裕子さんに伝えた。トレーニング不足だ。

 今日は無理をせず、私たちは鏡平山荘で泊まる事になり、そうこうするうち、やっと歩くことができ、荷物は皆さんに持ってもらい、鏡平まで空身で歩いた。13時から充分に休養して、北アルプス槍穂高の絶景が堪能できた。翌日は普通に歩けたので、皆さんに迷惑を掛けたが、なんとかリベンジでき、今年も北アルプスのお花畑を歩くことができた。

 

はじめて北アルプス

           ひろみS

はじめて山小屋に泊まって、北アルプスを歩きました。憧れていた名前です。景色も今まで行ったところとは違うように感じました。

私の今回の反省点は様々な理由の「準備不足」です。全部で3つ。まず装備で2つ。軽量化を気にせず、家と山頂間を運んだ重さのある物がいくつも。2つ目は、靴。かかとが割れているのを以前指摘されていたにもかかわらず、そのままそれを使ってしまいました。

さらに今回は体調も準備不足でした。トレーニングを気に掛けていたものの、日程に合わせて整えることが出来ず、1日目の半分ほどでばててしまいました。これには装備の重さも影響していそうですが、やはり寝不足や疲れを残しているのは、バテる、ということを実感しました。それにより計画変更にることもあり、自分一人の話ではないな・・・、とよくわかりました。

山小屋のご飯は本当にたっぷりで種類の豊富さに驚きました。疲れのせいか夜もうとうとしながらも心配していたよりもよく眠れました。

今回は山小屋も予定を変更しました。メンバーの状態をよく見て、要所要所で考えながら判断することを目の当たりにして学びました。

道中可憐な高山植物を何種類も目にして、名前を教えていただきました。名前の由来が意外にシンプルなのも面白かったです。ありがとうございました。