御嶽/雪崩講習会


 


<山行期間>2015年1月17日(土)〜18日(日)

<山行目的>第13回東海ブロック雪崩講習会実技

<ルート> おんたけ休暇村周辺

 

<メンバー> 構師:洞井孝雄 受講生:聖子S・三郎O 記録:三郎O

<行動スケジュール>

1月17日(土)曇り/雪

3:45 半田アイプラザ出発

7:10 おんたけ休暇村到着

8:00 開講式

8:30〜12:00 トレーニング・ビーコン起動確認・10mサークルチェック

(磁界特性を知る)・ビーコン捜索練習

12:00 昼食(とん汁)〜16:00 トレーニング

・V字掘り出し

・ゾンデ棒の刺し方練習(人を発見した時の感覚を知る)

・埋没体験

・埋没者の掘出し方 救出方法

・コンプレッションテスト

・積層 弱層の説明

・捜索シミュレーション(二人が雪崩に流された想定での捜索)

18:30 夕食(すき焼き)

19:30〜20:30 反省会

20:30〜22:30 懇親会

 

 

1月18日(日)晴れ

7:00 朝食

8:00〜12:00 トレーニング

 ・ゾンデ棒による捜索

・捜索シミュレーション(雪崩発生〜操作・救出・搬送)

昼食(ぜんざい)〜14:00 トレーニング

 全体の復習・感想・質疑応答

14:30 閉講式 解散

 

個人装備

             三郎O

 御嶽山の麓で開催された雪崩講習会 実技に行って来ました

今回の実技ではビーコンを使って埋まった人の捜索から掘り出しまでを一貫してやる実技トレーニングでしたので掘って掘って掘りまくりで最後には腰が痛くなってしまいました

 ビーコンの使い方も、現場での対応も良い勉強になりました

今のビーコンは性能が良いようで、ほぼ直線的に被災者の所に誘導してくれますので慌てずに行えば間違いなく発見は出来ると自信を持って言えます

 ただ一番大切な事は埋まった人も捜索する人もビーコンを装備していることです ビーコンを持っていない人を短時間のうちに掘り当てるのは、ほぼ不可能に近いです 

 雪山ではビーコンとスコップ ゾンデ棒はセットで全員個人装備して初めて効果が生まれて、それを支えるのが今回のような講習会で学ぶ知識だと思います。

でも今は、持っていく人が居ないのが現状です

装備が重たくなる

そんな危険な所には行かない

色々な理由はあるのですが、いつかはアイゼンやピッケルと同じ様に雪山に行くならビーコンも!ってなると良いなと感じました。

 

走って・掘って宝探し

             聖子S

 今年の雪崩講習会は、“ビーコン”メイン。

2日間の実技講習を通して、ビーコンの操作方法、ビーコンを使った捜索〜搬送までのシュミレーションの繰り返し。

途中、休憩をかねて、雪の層の説明や、その層を使っての簡単な流れのメカニズムの説明を受けましたが・・・・大半は、ビーコンを持って走り、スコップで掘っての繰り返し。

何度も繰り返し行うことで、体にはしっかりと覚えこませることが出来ましたが、2日目は特に天気もよく山日和。皆で“こんないい日に何をしているんだろうか・・・”と愚痴をいいながら頑張りました。

 さて、雪崩の現場に遭遇したら、ただ助けに行くだけではいけません。

まずは、落ち着いて、状況確認と、自分たちの安全確保、各自の装備を確認し、役割の決定。

2次雪崩を警戒しながらの捜索等々、限られた時間の中で、やらなければならない事は沢山あります。

リーダーは勿論の事、メンバーが各自何ができるかを考えて行動しないと、助けることが出来ません。

今回は、雪崩のメカニズムについて学ぶことが出来ませんでしたが、ビーコンの使い方もさることながら、ビーコンを使わなくて済む状況である事が何よりも大切です。

雪山を楽しむ為にも、まだまだ勉強しないといけない事が沢山あると実感させられた実技講習会となりました。