北アルプス 有明山 (2268m)

<日程>

2015年 6月 15日 晴

<山行目的>

信濃富士の滝、巨石などを楽しむ。

<ルート>

表参道登山口(黒川沢)〜落合〜有明山北岳〜裏参道〜有明荘

<メンバー>

L:志貴子I SL:良子I 医療:佐枝子M 会計:清子S 記録:優子S

<記録>

3:30 板山公民館P発

7:00 黒川沢登山口着 

7:10 出発。林道を歩いた後、苔むした森の中、唐松草、銀竜草が咲く。

8:40 1330m付近着。(15分休憩)

          妙見滝、白河滝に癒されながら急登で梯子や鎖のついた道を行く。

10:00 1680m地点。(10分休憩)

10:40 落合通過。一葉蘭、三葉黄蓮、御前橘が咲いている。

11:10 2000m地点。(10分休憩)

12:00 有明山北岳に到着。(20分休憩) 表参道の下りは危険と判断し裏参道へ

12:40 8合目通過

13:20 1850m付近。(15分休憩)

14:20 2合目 

14:50 有明荘着

15:00 タクシー乗車、黒川沢登山口へ

 

表参道から裏参道へ

清子S

 有明山黒川沢道、リベンジ行く?というお誘いに「行く行くー。」 昨年は登山口から気合い十分に沢に入るなり、岩を滑ってドボンしていた。雨がぶら下がっているような日で水量多く、妙見滝の荒々しい流れと水量に怖気てしまって撤退。今回、行ってみたら、あれれ、すぐに妙見滝に着いてしまった感。昨年のあの気合いの入れようと頑張りは何だったのだろう。妙見滝からの鎖や梯子(行者道と言われる訳だ、納得)結構スリル満点。さらに急登が続く。白河滝はちょっと珍しい形をしていて、布袋様のお腹のような茶色がかったまあるい大岩が下半分にあって、おもしろい滝だった。滝をさけて左手に行くかと思えば、滝壺に下りるような形で対岸に渡っていた。それ以外、登山道はやや荒れてはいるものの、しっかりテープ、印が付いていた。結構、期待していなかった小さな花々、しゃくなげも出てきて(山頂は満開だった)嬉しかった。5H余りの登りで下りは2.5Hくらい。長かったー。これで、有明山表参道と裏参道は終わり。(裏は以前に登り下りしている。)山頂からの眺めが、天気はいいものの今一で、安曇野や燕岳が見られなかったのはちょっと残念だった。

 

鎖と梯子の連続

 志貴子I

 有明神社表参道というから整備された良い道だと思ったら厳しい急登続き。まずは1時間ほど普通の登山道を行きそこからは岩、急登、ロープ伝いに行く登山道で4つんばいに成って歩くため結構疲れるようでも緊張のしっぱなしで楽しかった。自分はクライミングの練習のつもりで細かく足を置いて立って岩を通過することに心がけて登った。

片道5時間下山は裏参道を(普通の登山道でした)2時間半ほどで下れました。こんな緊張の山も楽しいな・・・もアスファルトの林道歩きは疲れるよう。これがなければ楽しい山歩きだが・・

久しぶりの美濃の山は楽しかった。雪の時にも歩いているから又機会があれば挑戦したいな?

痒い山になった?

良子I

痒い。左腕だけで5ヶ所、首にも3ヶ所、脚にもお腹にも顔にも虫刺され跡。ナンテコッタ。私だけ、いっつも虫に好かれます。

表参道と呼ばれる黒川沢からの有明山は、変化に富んでいて、基本、厳しい道でした。崩れていたり、若干分かりにくかったり。鎖にはしご、そして手を使っての登りが続きました。下りは中房温泉に向かう裏参道にしましたが、ザレていたり、崩れていたり、と、こちらもテクテク歩ける道ではありませんでした。それだけに登った感のある山行でした。なのに、この虫刺されのせいで、山の記憶は薄れ、痒みだけが強くなって、数日後には、有明山って痒い山、ということになってしまうのです。虫に好かれるって哀しいことですね…。

 

たおやかに見えて

           佐枝子M

 有明山は、北アルプスの有名どころがまだ白々と連なる頃、すでに雪は無く黒い台形の山がちょこんと玄関口に忘れられたように佇んでいる。アルプスは大変だけど、「この里山ならなんてことはないじゃないの!」って思えそうだけど、これがもう骨太の山ってことは十数年前に馬羅尾沢から登って経験済みだ。久しぶりにエアリアマップを買い替えたら裏参道の表記になっていた。そして表参道なるものも。裏参道は川の中の渡渉道、表参道もこれまた沢からじゃん。(表参道=若者が集まるあのエリア)ってイメージが霞めるけどそんな訳ないよな。沢、滝、クサリ、ハシゴのオンパレード。

前日の沢で打った尾てい骨が痛い〜、腕の筋肉痛が〜と言っても急登を四つん這いになって登らねばならぬのだ。すぐ近くの三大急登とやらなんて可愛いもんだ〜。全身シャワーを浴びたように汗でビッショ、ビッショ!体中の水分が全部抜けてしまってペラペラ(あくまで気分)になってしまった。下りに表参道は危険なので帰りは有明温泉へ降りて行く。あ〜こちらは極楽、極楽!(こちらも急登、鎖、ハシゴもあるけれど)これで全部の登山道を歩いた。祝卒業!!ルートに名前をつけた皆様、表参道、裏参道は間違っています。表行場、裏行場に訂正して下さい!