北アルプス 薬師岳(2926m)〜室堂

 


山行期間:2015年7月31日(金)〜8月2日(日)

目的:北アルプスの縦走

ルート:折立〜太郎平小屋〜薬師岳〜五色ヶ原山荘〜龍王山〜室堂

メンバー:L/食担:志貴子I 記録:厚子N

<記録>

3日間 晴天

7月31日(金)

3:00 阿久比町草木公民館 出発

7:10 立山駅〜電鉄富山乗車〜有峰口駅下車〜バス乗車〜折立下車

10:35 登山口出発(トイレあり)

13:40 五光岩 ベンチ休憩 太郎平小屋と薬師岳が見える。

       ニッコウキスゲがいっぱい!

14:35 太郎平小屋着、ココで登山計画書提出。

小屋の方から危険箇所や翌日の気象案内をお聞きする。

15:10 テン場着(管理事務所でテン場代支払い。トイレ・水場あり)

(夕食:ビビンバ、ベーコン入り野菜炒め、イチゴゼリー)

8月1日(土)

3:00 起床

4:00 テント撤収〜出発 薬師平から槍が見えてきた!

5:00 薬師岳分岐にて朝食

6:46 薬師岳着 休憩 北薬師へ向かう途中で雷鳥親子! 

7:45 北薬師岳着 休憩

8:45 チングルマの花畑で休憩

10:05 スゴ乗越小屋 休憩

10:40 スゴ乗越

11:07 急登・暑さでバテ気味・・休憩

11:55 スゴノ頭(岩の連続)休憩

12:40 急坂の連続、休憩。

12:34 越中沢岳 休憩

14:00 越中沢乗越付近で休憩

15:28 鳶山(とんびやま)休憩 五色ヶ原、テン場が見える

16:05 五色ヶ原山荘着 休憩

16:35 五色ヶ原テン場(水場、トイレ)(夕食:長崎皿うどん、イチゴゼリー)

8月2日(日)

4:00 起床〜朝食

5:10 テント撤収〜出発

6:03 休憩→雪渓をトラバース

7:20 獅子岳(登りに急なハシゴあり)

8:14 鬼岳東面 休憩

9:05 浄土分岐(立山三山をカットし下山する)ここから観光登山客が登りすれ違いに時間を要する。

10:40 室堂着 “立山玉殿の湧水”でのどを潤す。バス→ケーブルカー→立山駅

長い距離を

            志貴子I

 会に入会して間もない頃の合宿を振り返って折立から薬師岳を通って立山まで。

立山に車を駐車して電車、バスを乗り継いで折立に入り折立から太郎平まで暑い炎天下のもと汗をたらたら流しながら重いザックを背負って太郎小屋まで。小屋で飲んだ牛乳が美味しかった。ここで方位板で山々を確認して薬師峠のテント場へ移動。テント場には冷たい水がホースからふんだんに出ているしきれいなトイレもあるしで良かったです。

翌日は長い距離を歩くからと3時起床、4時出発で、最初は石のゴロゴロした沢の中を右、左と渡りながら1時間ほど進むとハイマツ帯で明るいところに出た。目の前に薬師岳がデーンと座っていた。1時間半ほどのところで朝食タイムを取る気持ちの良いところだった。15分も進むと薬師岳小屋だったが通過して薬師岳へここで休憩。北薬師岳にすすむ結構な岩場なのでゆっくりと荷物が重いだけイヤだった。我々と反対にスゴ乗越方面から来る単独の人に少しあった。スゴ乗越小屋は見えてからが遠い。まだかまだかで、やっと着いた。ここでで飲んだジュースが何ともいえないほど美味しかった。小屋から下がってスゴの頭までの岩場は段差が大きくフーフーと息が荒くなりそうだった。頭で休憩してぐっと下がりスゴ乗越沢岳をぐんぐん登るがなかなか頂上が無い。やっとの思いで山頂、休憩を入れてまたまた下り重い足を上げて歩をすすめると赤、黄色、緑のテントが目に入ってきた。あそこが五色ヶ原のテント場と声を上げてしまった。先が見えたので鳶山で大休憩をして五色ヶ原の花園を楽しみながら五色山荘へ、そして20分掛けてテント場、今日の長い歩行12時間半が終わりました。

3日目は五色ヶ原から室堂へこれもアップダウンでしたがあそこまで行ったら休もうかと言っている内に着きました。

今回のテント場は水も有り、トイレも有りでとても便利でした。又岩場、草原と変化に富んでいたし3日間天気に恵まれましたので北アルプスを満喫でき良かったです。

2人でしたので荷物が重く疲れましたがよい経験したように思いました。

 

優美な山容、薬師岳

厚子N

   折立から樹林帯の中を歩きますが早くも汗がダラダラと流れ落ちる。所々にベンチがありまもなく優美な山容の薬師岳が見えるところで贅沢な思いで休憩も苦労して歩いてきたからこそ。

   2日目の早朝、薬師平からふと頭を上げると槍ヶ岳が天空突き抜け歓声を上げ周りの望にも目をやりながら歩いた。

  薬師岳山頂までの道のりは長いがまだ涼しい朝からの出発に体力にも幾分余裕があ   った。薬師から北薬師へ向かう途中にかわいらしいライチョウ親子に出会うことが   できた。

  スゴ乗越小屋から乗越へ下ると急坂が始まり暑さとでっかい岩、岩、岩の連続とペースの変わらないIさんに付いて行けなくなり、まだまだ技術的にも未熟さを感じた。

  ひんやりとした雪渓歩きや鬼岩までのハシゴ、浮き石のある急登に緊張が抜けな   い山歩きでしたが、ようやく室堂に着き湧水で喉を潤しお土産に水を汲んだ。家   でこの湧水を沸かして飲んだコーヒーは格別においしかった〜!