南信濃 大川入山(1907.7m)


<日時> 2015年8月16日(日)

<天候) 晴れ

<目的> 早朝の夏山を楽しむ

<ルート>治部坂観光センターP〜横岳〜大川入山(往復)

<メンバー>

L:一則O SL/会計:節子K 記録:良子M 清文S

<記録>

4:00 アイプラザ発

5:45 治部坂登山口P着

5:55 発 山頂まで5.3kmの標識あり

橋を過ぎ尾根までジグザグの急な登り道。尾根道は木の根が張り巡らされ階段状

6:50〜7:00 稜線にて休憩

7:05 横岳通過(1574m)

7:40 山頂まであと2kmの標識

7:57〜8:05 小ピークにて休憩、この後、下り

8:15 最低鞍部通過

8:30 笹の中の登山道に出る

8:51 大川入山山頂着

中央アルプス、南アルプスが雲の中にうっすら見える

9:08 山頂発

9:34 最低鞍部通過

9:53 2km標識通過

10:05〜10:15 稜線にて休憩

10:34 横岳通過

11:18 治部坂登山口着

11:35〜12:20 信州平屋温泉ひまわり館 温泉入浴

14:25 アイプラザ着

(記録:良子M)

午前山行

一則O

 8月は定例山行がないため、お盆にヒマ?(失礼)している会員を誘い計画を立てた。山は愛知県と長野県の境、南信濃・大川入山にした。半田からのアプローチが2時間ほどで、2千m弱と、そこそこの標高、人が少なく、危険箇所もほとんどなく、山頂からの展望は良好な山だ。集まったのはKさん、Mさん、Sさんとわたしの4人。朝4時に半田を出発して、登山口近くの駐車場へ着いたのが5時45分ごろ。身支度をして出発。カラマツが多い樹林の中の緩やかな登山道をゆっくり登る。1時間弱で横岳山頂を通過。ほぼコースタイムどおりである。樹林の中なので展望はひらけないが、早朝のため涼しくて気持ちがいい。とはいっても結構汗はかく。

2時間ちょっとで最低鞍部を過ぎ、ここから山頂への登りがきつくなるところである。

40分ほどで山頂へ到着。山頂部周辺はクマザサにおおわれ、緑がきれいだ。晴れてはいるが、あいにく雲がかかっていて、中央アルプス、南アルプス方面の眺望はもうひとつと残念だが、ときおり吹く風が涼しくて気持ちいい。

山頂で中休止をして、早々に下山する。下りは早く、2時間ちょっとで駐車場へ。登りはじめが早かったこともあるが、11時20分ごろの下山と午前山行である。お盆の日曜というのに行きあった登山者は5組ほどで静かな山行をたのしみ、適度な汗をかかせてもらった。

 駐車したところから5kmほど行ったところの道の駅に温泉があるので、汗を流して半田へむかう。半田到着が2時半ごろ、まだひと仕事できる時間だ。でも世間は今日まで盆休み。かるく昼寝をして、夕食前の前に冷えたビールがたのしみだ。

 

知らなかった穴場

清文S

南信濃の大川入山登山へ参加しました。当然初めての山域なのでアプローチや登山コースなどを調べました。これまで奥三河方面はほとんど行ったことがなかったので、茶臼山までどのルートでどれぐらい時間がかかるかイメージがつかめません。一般道が空いていれば153号線経由で安く早く行けそうだとは思いましたが、実際、香嵐渓経由で走行してすごく近く感じました。登山口は153号線沿いといってよく、一番乗りで駐車できました。横岳までは檜の根が多くむき出しになった土道ですが、かなり粘土質で滑るようなことはありませんでした。横岳からは傾斜もゆるく、稜線歩きといっても木漏れ日のなかを爽やかな風に助けられて快適に歩けました。花があまり見られないのが残念ですが、若葉や紅葉のシーズンはもっといいだろうなと感じました。大川入山ピークへは高度差250メートルほど健康そうな笹原を登ってほぼコースタイムで到達しました。下山は、すでにズボンに汗がたれるほどびっしょりになっていましたが遅れないようについて行き、コースタイムで戻れました。

今回は、帰りの車に乗り込む前に着替えて迷惑をかけないようにしましたが、入浴できない場合にそなえて、私みたいな汗かきは対策を考えないとなと思いました。

 

早朝の夏山を楽しむ

良子M

 早朝の夏山を楽しむという事で、大川入山に行ってきました。登山口に着いたのは午前6時前。登山道もよく整備され、樹林帯の中で展望はないが日差しが遮られ、風も心地よく快適に歩くことができました。木の根が張って階段状になっていましたが、登りも下りも足にやさしく私には歩きやすいと思いました。横岳頂上は樹林に囲まれ眺望がありませんが、少し行くと、周囲が開け眺望のよい場所に出ました。ベンチも1つありました。横岳から三つ目位のピークで休憩、ピークを過ぎると大きな下りになり最低鞍部に到着。鞍部からは急登が続きますが、樹林帯をぬけると笹の中の登山道に出ました。笹原の登山道は大川入山の頂上まで続き、周りの山も見事に笹に覆われています。頂上着が9時少し前。中央アルプス、南アルプスは雲の中にうっすらと見えました。下山して治部坂登山口に着いたのは11時18分でした。早朝で爽やかな登山を楽しむことが出来ました。