奥秩父 笛吹川・東沢〜釜ノ沢(沢登り)






 

【日程】平成27年9月13日(日)前夜(12日)発、日帰り  

【天候】曇り時々晴れ

【ルート】西沢渓谷P〜二俣吊橋〜ホラ貝のゴルジュ〜山の神〜乙女の滝〜東沢ナメ滝〜釜ノ沢出合〜魚留の滝〜千畳ナメ〜三段の滝〜両門の滝(往復)

【メンバー】L:板津彰伸 SL:三郎O 会計:聖子S 晋平Y 記録:一則O

【記録】

9月12日(土)

18:00 知多信半田図書館支店発。

22:30 中央自動車道・甲府南IC降車、道の駅みとみP着。テント設営し歓談後就寝。星空、明日の天気は良さそう。

9月13日(日)

4:00 起床。各自朝食、身支度。テント撤収し、西沢渓谷Pまで車で移動。

4:50 西沢渓谷P出発。

5:07 西沢山荘(無人)、甲武信岳徳ちゃん新道登山口。

5:21 二俣吊橋渡る 西沢渓谷看板を右へ

5:28 河原へ降りる。登山靴で歩く。川沿いの登山道が比較的整備されているこの沢へ幾度かきたことのあるLいわく、水量は多いとのこと。

6:12 ホラ貝のゴルジュ近く着。15分休憩。エメラルドグリーンの釜。OとSが泳ぐ。滝は奥でここからはみえない。ここから高巻きの登山道を行く鉄線やロープが張ってある。注意して歩かないと危険。

6:56 山の神着。沢装備にし、入渓。水量多く、水が冷たい。ここまでで登山靴を脱いでの渡渉2回。

7:45 乙女の滝。40mほどの大滝。横目に見て通過。

7:55 右側に迫力ある岩壁。名称わからず。

8:03 東沢ナメ滝を横目に見て通過。

8:28 西沢ナメ滝も横目で通過。

8:56 釜ノ沢出合。右へ。

8:56 魚留の滝。滝の左側をLがリードで登り、残り4人はザイルで確保され登る。一手目のホールドがちょっと遠い?全員無事通過。本日のハイライト@。

9:14 千畳のナメ。数百mの長い一枚岩のナメ。L「みんなにこれを見せたかった」とのこと。本日のハイライトA。新緑や紅葉の景観は素晴らしいだろう。

9:17 三段の滝。

9:48 両門の滝着。今日の予定はここまでとし引き返す。ここから先は来シーズン以降のおたのしみに。

10:40 魚留の滝、ザイル出したところを懸垂下降で降りる。休憩5分。

写真撮影。

11:55 乙女の滝。休憩7分。

12:25 山の神。沢靴脱。

往きも通ったが、狭く、所どころ切れた登山道を慎重に行く。鉄線等が張  ってあるところは念のため手を添えて。。

14:00 二俣吊橋通過。

14:15 西沢渓谷P着。近くの温泉宿で日帰り入浴後帰半。

19:50 半田着。 

(記録:一則O)

初沢でシーズン終わり

晋平S

今年の夏は、登山学校でも沢登りに行けなかった。沢には行ってみたいと前々から思っていました。そして念願の初めての沢に行って来ることができました。台風や集中豪雨等の影響があるのかないのか、天気図天気予報を食い入る様にウィークデイは過ごしてきました。

計画通り甲武信ヶ岳に詰め上がることは出来ませんでしたが冷たい沢の水、初めは恐る恐ると沢に入って行きますが、この冒険的遡行、心置きなく楽しまさせて頂きました。

ナメ?カマ?ヘツる?聞き慣れに沢用語の表現と実際の地形等が当てはまり、「あぁなるほど」、と何度も思いました。紅葉が徐々に始まりかけている千畳ナメ、とても綺麗でした。

前夜泊日帰りではもったいないので次回はピーカンの日に再挑戦させて頂きたいと思いました。

 

法螺貝は美しかった。

三郎O

18時に集合して山梨県の笛吹川へ向かった 到着は22時過ぎ、はるか遠い沢です 4時起きにて5時前には出発

30分ほどで最初の渡渉ポイントに来るものの、入渓点とはまた違う。 板津さんが靴を脱いで渡りまた登山靴履くのを見た時に?と思ったが実際にはその後、山の中を巻き道の連続で納得 フェルト底の沢靴では、これは辛い。

途中、法螺貝のゴルジェに立ち寄った

水は透き通ったエメラルドグリーン、曲線を描いた岩が美しい こんな釜をみると、ついつい泳ぎたくなってしまう・・・と言うか、泳いじゃいました。

水は思ったよりも冷たかったです

そして、また巻き道を永遠と進む

沢装備に変えたのは歩き始めて2時間の乙女の滝が間近に迫った辺りでした。

それから魚止め滝 千畳ナメ 3段滝を越え両門の滝に来た処でタイムアップ5時間の遡行でした

この沢の醍醐味は3時間を過ぎた辺りからジワジワと湧いて来るのが分りました。次回はテント泊でゆっくり、楽しみながら遡行したいと思います。

 

笛吹川東釜沢遡行

            板津彰伸
 一日で遡行が難しかったのでタイムリミットを決めての笛吹川東釜沢の遡行をしてきました。雨に降られる心配もあったし、先週の大雨での増水も気がかりではあったが現地まで行くことを決めました。5時間の遡行で悪くとも両門の滝までいければ良いと考えていました
がここでタイムリミットとなった。 

5時前にラテを灯して出発する。30分ほど歩くと大きな吊橋があり渡ってすぐに入渓するつもりだったが踏み跡があり100mほど先から入渓することになった。前に来た時とは違って各要所には看板がありルートを見失う心配はなかったが道も沢自体も以前より荒れていたように感じた。法螺貝の洞窟をO、Sが泳いで中を探検したことには驚いた。

 山の神から沢装備に変えて本格的な沢歩きとなった。やはり前回と比較して水量が多い。魚止め滝を登って大きなナメを楽しみ両門の滝まででタイムアップとして同じルートを引き返してきた。私のリーダーとしての計画が甘く1日で沢を詰めて下山を考えていたがこの計画は難しかったはずだ。次回は沢を楽しみながら一泊のテントとしてもう一度ゆっくりと美しい沢をこの仲間と来たいと思った。

ほら貝プール

             聖子S

 弾丸で行ってきました、“笛吹川”。天気は曇り空。たまに太陽はのぞきますが、風は冷たい。そして、何より水量が多く、水の勢いも強い。日帰りと言う事もあり、途中の両門の滝まで行くことにしました。

 鶏冠谷出合いから沢岸に、途中渡渉はしましたが、巻き道をひたすら行きます。第一の目的地、ほら貝のゴルジュで一休みしつつ、Oさんと二人、冷たいエメラルドグリーンの水の中を泳ぎました。しかし、あまりの冷たさに、水からあがって後悔。肌を出していた手と足がすっかりかじかんでしまいました。そこからもう一度巻き道を通り、山ノ神をすぎて沢に下りたところで、沢装備を装着。ここから沢登開始!!と思いきや、水の勢いが凄すぎて、沢の中に入っても楽しめない。そして、フェルトの靴に砂がついて滑りやすくなり、油断すると右に左に後ろにツルッとこける。明らかにフェルトだと滑ると分かっている場所に腰が引けた状態でチャンレンジして、滑って、水の中に落ちる。壮大なナメも今回は水量が多すぎてナメ感がほぼ無い・・・・。でも、それでもいいんです。沢は楽しいから。でも、やっぱり、この沢をめいっぱい楽しむ為には泊りで行きたい!!道中色々なところで焚き火の跡を発見。Oさんと、“ここならテント張れますね”“朝、半田を出たとして、もろもろ行動時間を考えるとこの辺でテント泊?”“でも、次の日のことを考えると、なんとか両門の滝の上まで行きたいよね”等と、すでに来年のリベンジ計画。来シーズンは、もっと暖かい時に、泊りで再来して、楽しみたいと思わせてくれるくらい。素敵な沢でした。