瑞浪  屏風岩

 

 

<日程> 

2015年10月4日(日)  

<天候> 晴れ

<山行目的> クライミング

<場所>

瑞浪 屏風岩

<メンバー>

L: 板津彰信 裕幸T 良子I

<記録>

6:45 半田発
8:15 屏風岩 終日クライミング     (じねんじょと一緒に)

14:30 終了

 

今年初めての瑞浪(屏風)

板津彰伸

登山学校での前尾根や豊橋の立岩には行っていたが調べてみたら瑞浪の屏風岩には1年半以上行っていないことに気が付いた。私にとってはいつものように、どこを登ってもやはり難しい。

いつの間にかIさんのクライミングが各段にうまくなっていた。毎週のように岩トレをしている成果なのだろう。靴も新調し、いかにもクライマーらしくなっていた。感心したことは諦めずに岩場にしがみついている時間が長いことである。難しい岩場もやらなければうまくならない。体験したり挑戦する意欲をもっと持ちたいものだ。じねんじょの女性は75歳でまだガンガンと岩を登っているが私はいくつまで岩登りを続けるのだろうか。

手も足も出ません

良子I

いつになくネバってみました。ネバってみましたが、やはり、登れないものは登れません。皆さんの登る姿を見させてもらっても、いざ自分がやってみると「手も足も出ない」とはこういうことかと。来週のため、クラックとチムニーなるものを1回ずつやらせていただきましたが、どちらも・・・。ド〜ンと暗くなって帰るもの悲しかったので、私でも登れるところをやらせていただいて、ちょっとだけ明るくなって終わらせていただきました。次は、せめて「一手」か「一足」、出るまでネバってみよう!

 

ルートが増えていく…

裕幸T

 少し涼しくなってきて、ようやく岩のシーズンらしい。屏風岩も賑わってきました。スラブ、フェース、クラック、チムニーとバリエーションに富んだ岩トレができました。けど、行くたびに登れないルートが増えていきます。その分楽しみも増えます。嬉しいような、悲しいような…。