八ヶ岳  稲子岳 南壁

 

 

期日: 2015・10・31(土)

目的: クライミング

ルート: 稲子湯〜みどり池〜稲子岳 (南壁クライミング)〜みどり池〜稲子湯

メンバー:L:新海時生 志貴子I 由美K

記録:

4:00 半田(知多信P) 発

7:40 みどり池登山口着 稲子湯の少し上(奥)。曇り風無し。車十数台、一杯。

8:00 P 発

8:55 休憩

      長い林道をボチボチ登る。落葉松ももうほとんど葉を落としており、落ち葉のじゅうたんが気持ちいい。

9:20 みどり池(通過)池の水は少なめ。天狗が美しい

10:05 稲子岳 分岐(入口)

10:20〜40 南壁分岐 ハーネスなど着け、荷物の一部デポ

11:05 南壁取付き 今回も最後にまた探してウロウロ広いルンゼのガレを下から巻いてすぐ上。先行パーティ(長野からの2人)が1ピッチ目を登攀中

11:25 クライミング開始

12:40 3P終了  休憩

      そう難しいところも無いので順調にクライミング続く。前Paのペースが遅く、ちょっと時間待ち。 晴れて展望もいいが、風は冷たく少し寒い。

13:45 5Pクライミング終了

      4P目の核心部はロープが流れず苦労した。(相変わらずヘタです。うまくなりません)全体的にはなかなかいいペースで楽しくクライミングが出来た。もうちょっと登りたいくらいで終了。風冷たいのでとっとと装備かたづけ、退散。

14:00 南壁分岐 デポした荷を回収して休憩

14:50〜15:20 みどり池 小屋前で珈琲飲んでゆっくりする。

風も無く穏やかで気持ちいい

16:10 みどり池登山口 着

16:30 〃 発 少し遅くなってしまったので風呂も食事も無しで走る。

20:00頃 半田 着

          (記録・新海)

 

天狗・硫黄を背に

由美K

 今回、3か月ぶりにクライミングをした。間があいていたので少し不安がある。

 登山口からカラマツのじゅうたんを踏みながら登って行く。しらびそ小屋が見えてくると、そこには素敵な光景が待っていた。緑色の美しいみどり池が目の前に広がり、その後ろには天狗岳がドカンとそびえ立つ。少し進むと、右手に今日クライミングをする稲子岳の姿が現れる。あそこに登るんだなーと思うとドキドキしてきた。しらびその林を進み中山峠の手前の一般道との分岐でロープをくぐり南壁に向かう。もう先客さんの声がしている。私達も装備をつけ、ロープをエイトに結びいよいよクライミング開始。

 Lが1ピッチ目を登りだすと緊張してきた。次は私の番だ。岩に手を掛け登り始めると意外と登りやすいのでホッとする。2ピッチ目になると、少し慣れてきて楽しくなってきた。天狗、硫黄の山を背に岩を登れるなんて最高!!3ピッチ目は浮石が多いから気を付けるようにLから指示があった。なのに・・・2回も石を落してしまった。慎重に登ったのに・・・SLごめんなさい・・・ビックリさせてしまって・・・4ピッチ目は前が詰んでいるので岩の間で休憩。風も出てきて寒いなあと思ったときにLから温かく、ほんのり甘い紅茶をいただいた。おいし〜!!身も心も元気になる。よーし!!頑張るぞ!!ピーク手前の岩の頂上を通るコースは面白くスリル満点。5ピッチ目は一番短いコースであっという間に終了点に着いた。いつものようにLと握手を交わす。SLとハグ。ホッとする瞬間だ。

 下山時、さっき登ったばかりの稲子岳の南壁の姿を見て感激する。あの岩の壁を登りきった嬉しさがこみ上げてくる。感謝!!感謝!!

しらびそ小屋で美味しいコーヒーをいただき下山した。

皆さん、ありがとうございました。

 

稲子岳南壁

           志貴子I

 以前、中山峠からの下山の時に眺めたことのある岩場に登る。

しらびそ小屋から2時間ほどでクライミングの取り付きに到着。1P目はルンゼから登りスラブ、左のカンテ。

2P目はスラブから左に回って出ている石を回り込み階段状のリッジ。3P目は広いチムニーの所から右に回り込んだ。ここは浮き石が多く、足の置き場を考え慎重に登る。4P目は普通の登りをしてガレ場からクラック付きの垂壁、5P目はクラックからスラブを少し登り終了。夏には駒草が咲くザレ場に出て、ロープに沿って樹林帯を下山。しらびそ小屋で美味しいコーヒーをいただいてから駐車場へ。

アプローチが長く運転してくださった新海さんお疲れ様でした。

 

何か違う・・・

            新海時生

 去年に引き続き、また稲子岳に行ってきました。今年は日帰りです。日帰りでも十分行って来られる山です。天気もいい。アプローチのドライブは紅葉を楽しみながら走り、さすがに山中はもう葉を落としていますが、久々となる落葉松のじゅうたんも気持ちいいです。天狗をバックにしたミドリ池も相変わらずに美しい・・・

でも何か違うんです!

 稲子湯からミドリ池にかけて落葉松やシラビソの林の中をこれまで何度通ったことでしょう。鈴鹿の山以外では上高地〜横尾間の次にたくさん歩いている山道になります。夏は一度もありませんが、秋から冬、春とそれぞれにいつでも心静かに歩ける道です。この道は本沢温泉に続く一本道だと思っていました。クライミングなんぞを目的に心躍らせて歩く道ではなかったんです。みどり池を過ぎた分岐から、まさか温泉に背を向けて稲子岳へ向かうような日が来ようとは夢にも思いませんでした。分岐を曲がるともうすっかり葉を落とした白樺の林の間から稲子の大岩壁が見えてきます。少しの緊張感とワクワク感がわいてくる所ですがその片隅に何か違和感がずっと着いて回っていました。もちろん承知の上で僕自身が立てた計画だったのですが・・・

 クライミングの方はとても順調に楽しめました。少し風は冷たかったですが、景色も楽しみながら3人とも余裕をもって登れたんじゃないでしょうか。ただ僕自身は4ピッチ目でロープが重くて引けずに苦労しました。先回の烏帽子でもありましたが、もう少しロープの流れを考えたプロテクションの取り方に注意しないといけないようです。

 帰りに本沢に寄れないのはもっとつらいだろうと思っていましたが、クライミングが楽しく終わったせいか、意外とすんなり分岐を曲がり、みどり池でゆっくりコーヒータイムなどしながらサバサバと降りてきました。 本沢はまた行こう。雪道踏みながらゆっくり1人で入ってこよう。あの湯から出る時の寒ささえ覚悟しておけばいつでも天国が待っているんですから。