南紀 大台ヶ原 (堂倉谷遡行)

 

 

 

期日: 2016・8・19(金)夜〜8・21(日)

目的: 沢登り

ルート: 大台ヶ原P〜日出ヶ岳〜堂倉谷出合(堂倉滝)〜堂倉谷遡行〜地池谷出合
(泊)〜栗谷小屋〜大台ヶ原P

メンバー:

  L  時生S

  SL 裕幸T

    良子I

    宗則I(会員外)

記録:

8月19日(金)

18:40 半田 発

19:40 津島 (I夫妻と合流)

22:15 大台ヶ原P 着・途中、雨少々。大台は深いガスの中。広い駐車場の隅にテント張り早々に就寝

 

8月20日(土)

4:30 起床  朝食各自

5:20 大台ヶ原P 発・薄曇り、風無し

5:50 休  日出ヶ岳・手前で日の出。雲海が広がる

7:00 休  栗谷、堂倉小屋分岐。けっこうがっつりと下る

7:20 林道(堂倉小屋)に出る

8:00 堂倉滝下の吊り橋、でかく見事な滝です。沢装備を装着

8:25 発

9:30 休憩・次の吊り橋手前からひと登りした先から残置ロープを頼りに沢へ下りる。入渓してすぐ7m滝。いきなりの滝壺スイムだがそう寒くなく一安心。滝は直登。の先の30m滝を右から巻いて明瞭な踏み跡をどんどん登っていくと、途中の分岐を見落とし、尾根まで登りつめてしまう。みんな元気だ!!・・・?

半分戻って滝上に巻き下る。

10:50 休憩・中七つ釜抜けたあたりか。岩はぬめってよく滑り気が抜けない。度々ロープを使い時間もかかっている。10m斜滝は始め何事もなさそうだったのに抜け口が外傾したスラブで超コワ。残置のお助け2本のおかげでやっと抜ける。

12:15休憩・奥7つ釜を過ぎた所。本日のハイライト! さすがに美しく奇抜な釜の連続に驚嘆。続くナメも気持ちいい。

13:00 休憩・とてもきれいな長く深い淵が続き、思わず岩の上からドボン!皆でしばらく水泳大会になった。泳いでも寒くないのがとてもうれしい。

13:30 林道に上がる・大きな堰堤の少し手前から左の斜面を登り(結構あっ
た)、林道へ上がり本日の遡行終了。そのまま林道歩き。

14:25 地池谷出合(テン場) 着・栗谷小屋への林道を分け、5分ほど先の地池谷少し手前から沢へ下りる。沢脇の平地を整地し、テント設営。薪拾い後、早々に焚き火し、タテちゃん特製豪華夕食を外で堪能。陽の暮れる頃まで外で談笑。 7時〜8時頃就寝。

 

8月21日(日)

5:00 起床・就寝直後から夜中、雨が降ったり止んだり。現在どんより曇り空。朝食、ヤキソバ飯・そうこうしている内にまた雨降りだし、撤退を決める。

6:45 テン場 発・小雨、カッパは着ずに出る

7:30 休憩  堂倉避難小屋

8:35 〃  シャクナゲ平・昨日下ったルートをガシガシ登る。ペース早く、3人に付いていくのは大変

9:15 日出ヶ岳 (通過)

9:45 大台ヶ原P 着・雨はずっと降ったりやんだりでガスで何も見えないが 駐車場は車でいっぱい。 さっさと着替えなど済まし、途中、道の駅で風呂。ドライブインで食事。 下に降りると晴天、酷暑!

3時頃 津島

4時頃 半田 着    (記録・S)

 

思わずダイブ!

裕幸T

 堂倉谷は三重県、なのに奈良を経由して大台ケ原から入山です。どこへ行くにも便利になった訳ではないようです。この辺りは南東の急峻な斜面を海上からの湿った風が吹き上げるため日本一の降雨地帯です。そんな場所なので二日目は、下界は晴れているのに堂倉谷は夜からシトシト雨が降ったり止んだり・・・、途中撤退となりました。それでも一日目は快晴に恵まれ、想像以上のスケールの大きな、とても綺麗な沢を堪能することが出来大満足。景観だけでなく、泳いだり、登ったり、ルートを探したり・・・沢登り自体を満喫出来ました。途中の綺麗な瀞ではあまりの美しさに頭から2度もダイブしてしまいました。本当に気持ち良かった!もう少し交通の便が良くなるといいのですが・・・、遠くにあればこその秘境でしょうか?

感動!

           時生S

 大台ヶ原から大杉谷へ滝を見ながら下って行くだけでもきれいで、歩きがいのある所です。その中の沢を遡行するっていうだけでワクワクですが、期待以上に美しい沢でした。滝もナメも七ッ釜のお釜も深く澄んだ淵も…感動の連続です。そして何より寒くない! 入渓してすぐの滝壺でいきなり泳ぎとなりましたが、水から上がっても震えません。気温も水温も高かったようです。沢に行ってもめったに水に浸からないボクが最後はワザワザ岩の上からドボンするほどでした。いつ以来かなぁ、初めてかな?

 沢中でテン泊。焚き火もタテちゃんの夕食も堪能しここまでは最高! ところがなんと夜から雨がしょぼしょぼ。朝になっても止みません。ガッカリです。遡行を中止し、帰ってきました(帰りなのに登りです)。気持ち切らしたらとてもつらい登りでした。残念ですがいい沢をありがとうございました。また行きたいな〜。来年もう一度計画してください。

 

一日でもイッパイ

良子I

大台ケ原と言えば、雨。そう思っていましたが、やっぱり、でした。1日目の夜から雨が降り出したので2日目は沢を断念し、登山道で下山というか、登り返し。2日目の連瀑帯、ドキドキしながらも楽しみにしていたので残念でした。でも初日だけでも、いろいろなアトラクション(?)がありました。まずは何といっても滑り過ぎる岩。ほんの少しでも傾斜があれば、容赦なく足が滑っていきます。何度股裂きにあったことか。そして残置ロープや出していただいたロープに何度お世話になったことか。でも濡れていなければ、まったく滑らないのです。濡れている所と乾いている所の差が激しくてびっくりです。驚いたといえば、巨岩帯。大きさが半端ないです。声を出さないと岩に隠れて、他の人がどこにいるのか分からない。そしてそして、圧巻の釜軍団!不思議です。どうしたらこういうのが出来上がるのか。最後に透明ずぎる淵。皆は飛び込んで泳ぎます(新海さんが水に入っても震えてない!)。私は犬の散歩よろしくロープにつながれて泳ぎます(溺れます)。夜はもちろん焚き火もありました。美味しい食事もいただきました。一日でもイッパイ。次回は、上まで行きましょ♪